REPORT

神津島全域が「ダークスカイ・アイランド」として「星空保護区」認定

神津島村が2020年8月24日に申請した「星空保護区」。審査の結果、2020年12月1日に神津島村全域が東京都の区市町村で初めて認定されました。星空保護区カテゴリ6つのうち、神津島は「ダークスカイ・パーク」として認定されていますが、今回は特別な呼称として「ダークスカイ・アイランド」の使用が国際ダークスカイ協会(IDA)によって認められています。

神津島内では、神津島港にあるまっちゃーれセンターに東京都の賛同書と星空パネルが展示されているほか、前浜海岸とよたね広場には、「星空保護区」制度の内容を記した看板が設置されました。神津島が取り組んだ人口集中エリアや生活圏を含めた光害対策は、単独の自治体の取組としては日本初のことです。こうした取組が島内外で光害抑止と自然保護の意義に対する関心の高まりに寄与し、今後星空保護区認定を目指す他の地域のモデルケースとなることが、期待されます。

写真提供:神津島村役場

今回の「星空保護区」認定は、神津島の美しい星空を未来永劫守り続けたいという島の方々の願いの結晶であり、こうした想いを後押ししてくれるものとなりました。美しい星空を体験しに、ぜひ神津島を訪れてみてください。