TSUBAKI OIL

椿油(利島)椿油(利島)

椿油をブランディングしていくにあたり、今後のブランディングの方向性を示す「ブランドコンセプト」と、椿油の歴史や価値を表現する「ブランドストーリー」を策定し、様々なリブランディングの取り組みを行いました。

本事業で実施した取り組みのプロセスとそこから見出された新たなブランドや商品、そして継続的な課題など、プロジェクト全体についてはこちらのページのほか、ガイドブックに詳細を掲載しています。東京島しょ地域の事業関係の皆さま、地域産品ブランディングに取組まれている皆さまの参考としてご活用いただき、今後の地域の高付加価値化につなげていただく一助になれば幸いです。
[ ガイドブックPDFを見る ]

[ブランドコンセプト][ブランドコンセプト]

永遠の森のひとしずく
持続可能なサイクルに生きる離島で育つ藪椿。
その実から滴る珠玉の油。

[ブランドストーリー][ブランドストーリー]

洋上に浮かぶ藪椿の森から
近づきがたい離島故に護られた
類い稀な自然環境。

島の80%を占める藪椿の森。
周囲を囲む海がそうであるように、
適度な人との距離感を保ちながら、
持続可能な健全な生態系を維持してきた。

200年以上前から、人々は森に入り、
その椿の実を丁寧に拾い、丹念に搾って、
香り高い豊潤な椿油を産み出し続けている。

これまでも、これからも。

[産品の基本情報][産品の基本情報]

利島を覆うヤブツバキは約20万本とも言われ、島の面積の約80%を占めています。島では江戸時代から今に至るまで、200年以上にわたって椿油を生産してきました。利島で作られる椿油は江戸時代には年貢として納められ、その後、貴重な換金作物を生産する畑として拡大造林が進められ、今では島の基幹産業となっています。全国の椿油生産量の中でも6割近くのシェアを誇っており、ヘアケア、スキンケア、食用とさまざまな製品に活用されています。

[椿油ができるまで][椿油ができるまで]

  • 利島で作られる椿油は、実の収穫から搾油、原料あるいは商品としての梱包まで全てを島内で行なっています。農薬や除草剤を使わずに、生産者が長い時間をかけて丹精込めて育てたヤブツバキを昔ながらの製法で搾油・精製しています。

  • 冬に花を咲かすヤブツバキは、夏から秋にかけて実をつけます。地面に落ちた実を拾いやすくするために、夏〜秋に丁寧に下草を刈り、ヤブツバキの枯葉などとともに焼いたり、草葉を寄せ集めておくキッパライ、シタッパライと呼ばれる作業を行います。

  • 利島では、椿の実の採集は秋から冬にかけて自然に落下した実を拾うトリッピロイという方法で収穫されます。生産者が根気よく、一つひとつ丁寧に収穫した実は、乾燥され、さまざまな工程を経て油として搾油・精製されます。

[本取組の体制][本取組の体制]

特産品事業者

コンサルティング等コンサルティング等

東京島しょ農業協同組合利島店

利島はヤブツバキと共に長い歴史を歩んできたので、島にとってヤブツバキは欠くことのできない大切な存在。その思いを商品にのせて、利島とヤブツバキをアピールし続けていきたいと考えています。この東京島しょ産品ブランド化支援モデル事業は、東京11島の代表モデルになるための取組と自負しています。だからこそ、どこに出しても恥ずかしくない結果を残したいと思い、取り組んでいます。
利島におけるヤブツバキの現在まで続く300年の歴史を、次代の子ども、孫の代につなげていきたいし、東京島しょ地域にも波及させていきたい。そのためにも、利島のヤブツバキ産業を持続し、成長していける産業にしていきたい。

[ 東京島しょ農業協同組合利島店のHPを見る ]

プロジェクトを推進するチーム プロジェクトを推進するチーム

プロジェクトを推進するチーム

周囲わずか8キロの島に、 まるで美しい日本庭園のような椿園がどこまでも続く光景は、感動的です。江戸時代から大切に育まれてきた椿と利島の人の暮らしの関係が生み出す魅力に、我々外部の人間だからこそ気付けることもあるだろうととても楽しみです。また、科学的アプローチの専門家とも連携し、利島の椿油の特徴を掘り下げても行こうとも考えています。より分かりやすいストーリーにつむぎ、利島の椿油の価値を求めている人に繋げられるよう、取組みました。

[産品ブランド化支援 これまでの取組][産品ブランド化支援 これまでの取組]

  • 利島椿油リブランディング
    ガイドブックを作成(2020/3)

    東京島しょ地域の事業関係者をはじめ、地域産品のブランディングに取り組まれている方々の参考としてご活用いただくため、「利島産椿油」リブランディングの取り組みのプロセスとそこから見い出された新たなブランドや商品、課題など、プロジェクト全体をわかりやすくまとめました。
    [ PDFを見る ]

  • 2020年4月15日『神代椿 -金-』、
    『神代椿 -銀-』発売予定(2020/3)

    江戸時代から今に受け継がれる利島藪椿の完熟種子だけを使用した100%植物由来のオーガニックオイル。色・香り・質感を大切に残し、濾過脱酸をした『神代椿 -金-』、更に精製し無職透明でサラッと仕上げた『神代椿 -銀-』の2商品をリニューアルしました。
    [ 商品ページを見る ]

  • 利島椿油の魅力を伝えるツールの制作
    (2020/3)

    利島産椿油のブランド情報を、営業、販促、広報などニーズに応じて編集して使えるように制作したブランドファイルと、ブランド情報に誰もがアクセスできるWEBを新たに制作しました。
    [ 利島椿油WEBサイトを見る ]

  • 専門機関において利島椿油の
    成分分析を行いました(2020/1)

    優れた油として古くから重宝されてきた、利島の椿油。健やかな利島の土地で育まれた椿の種子からとれるこの油は、オレイン酸をはじめ、ヒトの組織にとって必要な成分を豊富に含み、ひとりひとりが持つ本来の美しさを輝かせてくれます。
    [ 利島椿油WEBサイトを見る ]

  • 椿の開花と種子の収穫の重なる
    12月中旬にメディアツアーを実施しました
    (2019/12)

    リアルターゲットである30代以上の女性に届くメディアのライターと共に、実際に利島の椿の花咲く風景や搾油工場を見学、また島内で椿に取り組む方々からもお話をお伺いしました。リニューアル商品の発売開始に向けて3~4月にかけて記事掲載されます。

  • オーガニックとナチュラル化粧品の
    世界基準「COSMOS(コスモス)認証」を
    取得(2019/6/3)

    2019年、利島椿油の一部が環境に配慮した循環型生産方法で入手している椿油として日本で初めて認められ、COSMOS ORGANIC認証を取得しました。今後、利島椿油すべての認証取得を目指し、トレーサビリティ管理や搾油方法の見直しによる商品開発に取組んでいます。

  • 東京宝島ミュージアムでスキンケアオイルの試用体験を実施(2019/3/24)

    東京ミッドタウン内イベントスペースのアトリウムで東京11島の魅力を体験するイベント「東京宝島ミュージアム」にて、スキンケアオイルの試用体験を実施。来場された方々に利島と利島のヤブツバキについて紹介をするとともに、実際に試用していただきました。 [ 続きを読む ]

  • 販路開拓とファン獲得・拡大を目的に
    トークイベントを開催!(2019/3/17)

    利島産の椿油に対する販路開拓と認知拡大(=ファンの獲得・拡大)を目的に、離島キッチン日本橋店にて、トークイベントを開催。食用椿油を活用した料理や、スキンケアオイルの試用なども行いました。
    [ 続きを読む ]

  • 利島産ヤブツバキの
    ブランドコンセプト・ストーリーを策定

    アドバイザーチームによって、今後のブランディングの方向性を示す「ブランドコンセプト」と、椿油の歴史や価値を表現する「ブランドストーリー」を策定しました。